インプラント,千葉,佐倉市,人工歯根,再生治療,口腔外科歯周病,歯医者,歯科医,矯正歯科,審美歯科,土曜診療,安い,

上志津中央歯科 インプラント

関連サイト
優ビル歯科医院
インプラント治療を正しくご理解いただくために〜インプラント治療前の基礎知識専門サイト
インプラントネット〜インプラント専門サイト
矯正歯科ネット〜矯正歯科治療専門サイト
審美歯科ネット〜審美歯科治療専門サイト
歯医者さんネット〜歯科医院専門サイト
FIDI―Field Implant Dentistry Institute
スルガ銀行 リザーブドプランプラス
歯科医師募集
  1. ホーム >>
  2. インプラント >>
  3. インプラントQ&A

インプラントQ&A

Q 治療費はどのくらいかかりますか?

A

現在は保険治療の効かない自由診療(自費)扱いとなっています。入れるインプラントの本数など治療内容によりことなります。詳しくは料金案内をご覧下さい。

Q 治療期間はどのくらいになりますか?

A

インプラントを埋めた部位や骨の質など個人差がありますが、一次手術後、約4ヶ月〜7ヶ月程度です。

Q どのような状態だと、治療が出来ませんか?

A

インプラントは、体調に問題がなければ、若い人から高齢の方まで治療を受けることができます。顎(あご)の骨の少ない方は、特別の方法でインプラントをすることもできますので、ご相談下さい。  

Q 誰にでも治療は可能ですか?

A

年齢的に顎の骨が完成する20歳前後から普通の健康状態の方であれば誰にでも治療を受けることができますが、お口の衛生状態の悪い方、骨の量や密度が十分でない方、心臓病糖尿病などの全身疾患のある方、妊娠中の方は制限される場合があります。

Q インプラントはどのくらい持ちますか?

A

すでに25年以上使用されている方もおられますが、大切なのはお口のお手入れと定期的な点検です。お口の衛生状態が悪いと寿命が短くなる場合もあります。先生や衛生士の指導に従い、正しいブラッシングを行い、お口の中を清潔に保つように心がけてください。

Q インプラントと入れ歯ではどちらがいいですか?

A

インプラントには、従来の入れ歯のようにアクリル系やプラスチックの床(ピンク色の部分)、あるいは残存している歯に引っ掛ける止め金が必要ないので、口の中がスッキリとし、本来の自然な運動が蘇ります。
また、制作された人工の歯とぴったり固定されてますから、固いものでも楽に食べられるようになります。

Q インプラントのメリットとデメリットは何ですか?

A

【メリット】

  1. 自分の歯と同じような感覚で噛むことが出来、食べ物の味や感触が良くわかります。
  2. 周りの歯を傷つけません。
  3. 見た目には自分の歯とほとんど同じようにきれいに仕上がります。
  4. インプラントが顎(あご)の骨に力を加えますから、顎(あご)の骨がヤセるのを防ぐと言われています。

【デメリット】

  1. 歯を抜くのと同じ程度の手術が必要です。
  2. 重度の糖尿病などの疾患の場合インプラントが出来ないことがあります。
  3. 歯触りがにぶいです。

Q 体に影響はありますか。

A

カルシテック・インプラントの表面に使われている材料は、ハイドロキシアパタイトと呼ばれ、顎(あご)の中で積極的に骨と結合しようとする生体活性材料です。他のインプラントシステムと比較してもさらに生体と馴染みやすく、身体には全く影響はありません。

Q 手術時・手術後に痛みはありますか?

A

インプラントを顎(あご)の骨に植える手術は、麻酔をして行いますから、痛みは心配ありません。
インプラントの手術は、綿密な計画の下に行なわれますので、手術時間の概要のついては事前の診査診断により決定されます。インプラントを植立する場所、本数、その他の要因により手術時間が異なりますので詳しくは先生にご相談下さい。 但し、年齢、口腔状態などによっても、個人差がありますので、先生の説明をよく聞いて下さい。