千葉でインプラント歯科をお探しなら上志津中央歯科|千葉県佐倉市の歯医者

043-461-3557

WEB診療予約はこちら

京成線志津駅より徒歩1分

MENU

ホーム > 健康を維持するためのインプラント治療

健康を維持するためのインプラント治療

インプラント治療は、失ってしまった歯の機能を補うための選択肢のひとつです。
見た目はもちろんですが、天然歯と同様の健全な咀嚼運動(噛み砕き、飲み込む運動)ができるようになります。

インプラントとは

インプラント治療は、歯の抜けた所に、人工の歯根を植え、しっかりと顎(あご)の骨と固定した後、その上に人工の歯を制作し装着する方法です。
従来の入れ歯のようにアクリル系やプラスチックの床(ピンク色の部分)、あるいは残存している歯に引っ掛ける止め金が必要ないので、口の中がスッキリとし、本来の自然な運動が蘇ります。 また、制作された人工の歯のぴったりと固定されてますから、固いものでも楽にたべられるようになります。

インプラント治療前 インプラント治療後

上の歯のほとんどが抜け落ちている状態です。
入れ歯を入れていますが、噛み難い・入れ歯がずれるなど不都合が生じたため、インプラント治療を行うことになりました。

インプラント治療後です。
自然の歯とほとんど同じ感覚で噛む事ができます。

インプラント治療のメリットデメリット

メリット デメリット
  • 自分の歯と同じような感覚で咬むことが出来るので、食べ物の味や感覚が良くわかります
  • 周りの歯を傷つける心配がありません
  • 見た目には自分の歯とほとんど同じようにきれいに仕上がります
  • インプラントが顎の骨に力を加えるので、顎の骨が痩せてしまうのを防ぎます
  • 歯を抜くのと同じ程度の手術が必要です
  • 重度の糖尿病などの疾患の場合インプラント治療ができない場合があります
  • 歯触りがにぶいです
  • 保険適用外のため比較的高額です

一般的なインプラント治療の流れ

Step1 口腔内の検査

X線写真撮影や口腔内診査を行い、お口の中の状態を調べます。
検査結果をもとに治療計画を立ててご説明します。

Step2 治療・歯のクリーニング必要とした場合は、インプラント埋入前にクリーニングや歯周病治療を行います。

Step3 一字手術(インプラント埋入手術)

奥歯が1本欠損した状態です インプラントを埋め込むためのホールを顎の骨に形成します インプラントを埋め込みます インプラント上部にキャップを取り付けて歯肉で被います

一次手術後インプラントと骨とが結合するまでに、上顎の場合約4~6ヶ月。下顎の場合約2~4ヶ月ほどかかります。
この間で虫歯の治療や歯のクリーニングを行えば、時間に無駄がありません。

Step4 二次手術(インプラントの頭を出す手術)

インプラント上部を歯肉から露出させて、歯肉の治癒を促進するための専用キャップを取り付けます。
この操作が二次手術と呼ばれています。

Step5 支台装置(アバットメント)装着

歯肉が治癒したら、アバットメントと呼ばれる支台装置を取り付けます。
この時点で、インプラントにサポートされた仮歯が入ります。

Step6 印象採得(型取り)

上部構造(人工歯・クラウン)の型をとります。インプラントの本数が多い場合は、精密な型取り用の装置を作るために予備の型をとります。

Step7 上部構造の作製・装着

上部構造(人工歯・クラウン)を装着した状態です。見た目は天然歯とほとんど同じです。

Step8 メインテナンス

期間はお口の中の状態によって異なりますが、1~6ヶ月に一度メインテナンスをします。

抜歯即時インプラント

抜歯後の歯肉が治っているということがインプラント埋入の大前提でした。しかし今では条件を満たせば抜歯してそのまますぐに埋入することが可能です。同時に仮歯が入れられる状態であれば、歯のない時期はまったくないことになります。

抜歯即時インプラントの流れ

  1. 残せなくなった歯を抜きます。

  2. 抜歯してすぐにインプラントを埋入します。

  3. 骨とインプラントの隙間に骨補填材を詰めます。

  4. 状態によっては、すぐに仮歯を入れることもできます。

ソケットリフト

インプラントが臨床応用され始めた頃は、「骨がある」ことがインプラント治療の大前提だったので、骨がある場所を探してインプラントを無理に埋入することも少なくありませんでした。
その結果、インプラントの埋入方向が悪くなりすぐにインプラントがだめになったり、上部構造が不自然な形になって見た目が美しくなかったりすることもありました。
また、骨がない場合はインプラント治療そのものを断念することもありました。
現在は、技術や材料の進歩により 「骨の量が充分でなくても、より理想的な位置にインプラントを埋入できる」ようになってきました。
上顎の場合、骨が吸収してインプラント埋入のための骨の高さが足りない場合が多くみられます。
副鼻腔という洞が高さを限定しているからです。
ソケットリフト法は、特殊な器具を用いて上顎洞底部を押し上げ、押し上げた部分に骨補填材を填入します。
骨の密度を高まるので歯槽骨の高さが確保されます。
インプラントを埋入する部分(歯槽頂)から押し上げるので、傷口が小さくて済みます。
術後の腫れもほとんどなく、入院の必要もありません。

ソケットリフトの流れ

  1. 上顎の骨が薄くなっています。

  2. 特殊な器具を用いて上顎洞底部を押し上げます。

  3. 押し上げた部分に骨補填材を填入します。

  4. 特殊な器具を用いて上顎洞底部の骨密度を高めます。

  5. インプラントを埋入するための骨の高さが十分確保されました。

  6. インプラントを埋入することができます。

インプラントの症例はこちら