千葉でインプラント歯科をお探しなら上志津中央歯科|千葉県佐倉市の歯医者

043-461-3557

WEB診療予約はこちら

京成線志津駅より徒歩1分

MENU

ホーム > “治療”より大切な“予防” ~予防歯科~

“治療”より大切な“予防” ~予防歯科~

歯医者は歯が痛くなってから行くところと思っている方がほとんどでしょう。もちろん歯が痛くなったらなるべく早く治療することが大切です。ですがそれだけではお口の本当の健康は守れません。有効なのは病気を未然に防ぐための「予防」や「メンテナンス」なのです。
生涯自分の歯を守り続けるために、病気を未然に防ぐ予防歯科に力を入れています。

セルフケアとプロケア

予防歯科の基本は毎日のセルフケアです。しかし正しいブラッシングをしても歯と歯の間や歯茎の溝の汚れはなかなか自分では落としきれません。そのため毎日ブラッシングをしても虫歯になってしまうこともあるのです。セルフケアでは難しい汚れを完全に落とすことができるのが歯科医院でのプロケアです。定期的に歯科医院でクリーニングを受けて、セルフケアでは落としきれない細菌の温床となるバイオフィルムや歯石を完全に除去することができます。

専属の歯科衛生士がケア

当院ではお口の中の変化にいち早く気づけるように、担当衛生士制を採用しています。
1本1本の歯を専用の器具を使って丁寧にケアしながら、歯のみがき方のクセにも注目し、歯ブラシや歯間ブラシの使い方もアドバイスいたしますので、毎日のセルフケアにいかしてください。
口腔ケアのプロフェッショナルである歯科衛生士が患者様と一緒に歯の健康を守ります。

効果的なセルフケア

ブラッシング方法

ブラッシングは全体の汚れを落とすという意識ではみがき残しにつながります。1本1本丁寧に優しくみがくことが大切です。
歯の表面は、歯に対して歯ブラシを直角に当て、小刻みに動かしましょう。これをスクラッピング法といいます。歯と歯茎の溝は、バス法を用い、歯ブラシを45度の角度に当てて小刻みに動かし汚れを掻きだすようにしましょう。どちらのみがき方も力の入れ過ぎには注意してください。

デンタルフロス

歯と歯の間の汚れを取ることが得意なため、虫歯予防により効果を発揮します。歯と歯と間は汚れがたまりやすく、ブラッシングでは汚れが落ちにくい部位です。この部分はデンタルフロスを使うと汚れが落ちます。糸状のデンタルフロスもありますが、両手の人差し指にフロスを巻き付け歯と歯のすき間に通しましょう。最近ではホルダーがついたデンタルフロスもあるので、使いやすい物をお選びください。

歯間ブラシ

歯間ブラシは歯と歯の間の汚れを落とすためのものですが、歯と歯肉の間の汚れを取るのが得意なため、歯周病予防により効果を発揮します。さまざまな太さの歯間ブラシがありますので、ご自身の歯に合わせたものを使いましょう。歯と歯のすき間が前歯と奥歯と異なる場合は、それぞれのすき間の大きさに合わせて使い分けましょう。

定期健診の効果

歯科医院で定期検診を受けていた方とそうでない方の虫歯や歯周病の再発率を比較すると、10倍以上の違いがあるという研究データもあります。また定期的に歯のクリーニングを受けていている人は80歳の時点で28本中、2本程しか歯を失わないのに対し、定期検診を受けていない人は5本程度しか残っていないというデータもあるのです。

自分自身でお口の中のトラブルに気づくのはなかなか難しいことです。定期的に口腔のプロフェッショナルの歯科衛生士の目でのチェックを受ければ、自覚症状も現れていない初期段階での簡単な治療で済みます。加えて歯科医院で定期的に歯をクリーニングし、プラークや歯石を落とすことが何より予防につながります。
いつまでも自分の歯で食事をしたり、会話を楽しんだりするために日頃から健康な歯を守るケアをしましょう。