root canal 根管治療

根管治療

歯の中から治す

歯の根の治療

虫歯を放っておくと歯の中にある神経まで及びます。そのような重度の虫歯は抜歯を余技なくされます。
しかし「根管治療」を行うことで、抜歯をせず歯を残すことができます。
「根管治療」とは、虫歯菌に汚染されてしまった根管か内の清掃や洗浄、消毒などを行い、汚染部分を取り除いてから、薬剤を充填してそこに被せ物を取り付けたり詰め物をいれたりすることで、再び歯の機能を取り戻すことができます。

根管治療が必要なケース
  • 何もしてなくても歯がズキズキと痛い
  • 歯を咬み合わせると痛む
  • 歯茎の腫れている部分を押すと激痛が走る

根管治療を成功させるために

  • 歯科用CT

    歯科用CTで正確な診査診断

    歯や歯根の表面の歯垢や歯石を器械で取り除きます。

  • 拡大鏡

    拡大鏡による拡大視野で精度の高い治療

    歯根の表面が歯石でザラザラしている表層や、毒素や微生物で汚染された表層を除去する方法です。
    これらの治療により、歯周組織が改善されポケットの深さが浅く維持されればメインテナンスに移行します。

まわりの歯に悪影響を及ぼす歯は
やむなく抜歯をする場合があります

抜歯

抜歯をするかどうかの基準は歯科医師により異なります。

当院では「できるだけ残す」ことを前提に診断を行っております。
しかし、歯を残すことでまわりの歯の寿命を縮めてしまう可能性が高い場合は、抜歯を選択することがあります。
実際にどのような治療を行うかは精密な診察をしてから決めることです。まずはお気軽にご相談ください。